小学校入学前に必要なのは持ち物の準備だけじゃない!幼稚園と何が違うの?

子供部屋

こんにちわ。あいかです*

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

気づけば年明け。。。。

 

下の子がいよいよ今年から1年生になります。初めての小学校って、ママも不安が多いと思います。

  • 学校までちゃんと歩けるかな?
  • 授業中にきちんと座ってられる?
  • まだひらがな全然かけないけど。。。
  • 幼稚園のときと何がちがうの?

 

心配事は尽きません。。。w

 

わたしも上の子が小学校に上がるときは、不安だらけでした。

今回は2人目ということで、1人目のときの経験をもとに、

  • 入学前にやっておけばよかったこと
  • 幼稚園と小学校で違うこと

ワーママ目線でご紹介したいと思います*

 

スポンサーリンク

小学校入学前にやっておきたい3つのこと

ランドセルを背負って、ドキドキしながら初めて小学校にいく時の娘を思い出すと泣けてきます。w

そんな娘は4月からは3年生。下の子が新1年生になります。

娘のときは、何もわからず、近所にママ友もいなく、幼稚園から同じ小学校に行くお友達は娘を入れて4人。今回の息子は幼稚園から同じ小学校に行くお友達は2人です。。。(職場に近い幼稚園なんです。)

 

私のように、ママ友がいなくて、何を準備したらいいのかわからないと不安に思っている方もいると思います。

小学校に上がるまえにこれをしておけばいいよってことをご紹介します*

 

①着替えや持ち物を自分で準備できるようにする

 

幼稚園時代は、持ち物がほぼ毎日同じでした。

  • お箸セット
  • おしぼり
  • コップ
  • 連絡帳

基本的にはもう、この4つで、金曜日に絵本を借りるので、手提げバックを持たせたり、プールの日はプールバッグを持たせたりくらいでした。

上の子のときは、特に何も考えず、下の子の準備もあるし、忙しい朝に自分がやったほうが早いってことで、お箸セットやおしぼりなどもカバンに入れて、プールバッグなども用意していたんですよね。

幼稚園時代はそれでよかったんですが、小学生になると、

  • 時間割が毎日違う
  • 体育や図工、生活、音楽などで持ち物が変わる

 

これを毎日子供が自分で用意するんですが、最初のうちは一緒に手伝いながらやりますが、慣れてきたら、一人でもできるようになってきます。

 

。。。。が!幼稚園の頃から私がやっていたせいで、娘は未だに学校の準備が一人でできません。。。

前の日の夜に、明日の時間割を入れて、次の日の朝もチェックさせているんですが。。。

毎日のように、何か忘れています。。。

 

家から学校に行く分には、ママがチェックすれば、なんとか忘れ物を防ぐことができるかもしれません。でも問題は学校から家に帰ってくるときの忘れ物です。。。

家で忘れ物をする子が、学校に忘れ物をしないわけがありません。。。

 

幼稚園時代にはママが全部用意してたのに、いきなり自分で用意しなさいって子供は戸惑いますよね。

幼稚園のうちから、持ち物を自分で入れる練習や、忘れ物はダメなんだよ。ってことを教えてあげればよかったな。と思いました。

 

子供の性格っていうのも大きく、もちろん練習しなくても忘れ物をしない子もいると思います。

うちの子の場合は、忘れ物しても宿題忘れても気にしないタイプの性格なので、もっと前から教えておけば、今はもうちょっとマシだったのかも。。。って思います。w

 

その反省を活かして、息子は幼稚園の時から、持ち物を自分で入れるようにしています。バタバタしている朝なので、息子から「ママおしぼり忘れてるよ」と教えてくれることもあります。w

 

忙しい朝、自分でやっちゃった方が早いしと思ってやっていたことが、小学生になってから、自分の持ち物を入れたり出したりすることができない。。。という困ったことになりました。

教科書以外にも、宿題やプリントなど、出さずにそのまま。。。ってことよくあります。

 

 

もちろん、家に帰ってきてから何回も、

宿題出してね。

プリント出した?

先生に出してって言ったプリントは出した?

って声をかけるんですが。。。

ずっとママがやっていたから、自分で確認するってことが身につかずに、忘れ物もママが忘れたから。。。という意識。。。困った。

 

結局、私がランドセルをチェックするはめに。。。幼稚園のころからもっと気を付ければよかった。。。

毎日ランドセルをチェックってけっこう大変なんですよね。働いていると、家に帰ってからも晩御飯の準備でまたバタバタ。

またママが手伝うと、いつまでたっても自分でできないんじゃないかな?とも思うし。。。

 

②家から学校までの道を歩いて練習

我が家から小学校までは歩いて30分くらいなんですが、下の子の幼稚園が車で15分くらいなので、(とても歩いてはいけない)ので、

娘と息子を車で送っていたんです。どうせ息子を送るから、娘も乗せて途中で降ろす感じ。そして息子を幼稚園に送ったら、私はそのまま仕事に行きます。

流れ的にも、全員で出発して、娘の登校時間にも、息子の登園時間にも、私の出勤時間にもぴったりで、特に問題は感じてなかったんです。

でも担任の先生から。。。。

家から学校まで歩かせてください!〇〇ちゃんは体力もないので。と言われてしまいました。

 

自分の通勤途中だし、下の子を幼稚園に送るついで。。。と思っていたけれど、小学生になったら歩いて学校まで行かなくちゃならないんですね。(家から歩ける距離の場合は。)

 

信号機などの交通ルールを教える

実際に通学路を一緒に歩いて、交通ルールを教えていきます。

信号の渡り方とか。(ボタン押して待つタイプの信号機とか、教えないと押さずにずっと待っちゃう。w)

右左右とか、歩道を歩くとか、大きい道を歩くとかですね。住宅街だと信号機のない道が多いので、走って飛び出さない。とか教えました。

 

近所の上級生に連れてってもらう

近所に同じ小学校の子がたくさんいるので、最初のうちは連れて行ってもらうのもいいと思います。

通学時間になると、あちらこちらに小学生が家から出てくるので、お友達がいなくても大丈夫ですよ。

入学してからちょっと経つと、クラスのお友達が近くに住んでいたことが判明!幼稚園は違ったので気づかなかったー。

 

小学校までは歩いて30分くらいあるので歩かせるのが心配だなって思っていたんですが、分譲地に家を建てたおかげで、近所に同世代の夫婦が多く、子供たちもたくさんいたのがここにきて吉とでました。

 

③学校でのことを説明しておく

  • 授業をよく聞く
  • ノートをちゃんと書く
  • 休み時間にトイレに行く

 

すんごく当たり前のことなんですが、うちの子場合は、学校はとても楽しいようで、それはいいことなんですがね。。。学校=勉強するところ。という意識がなかなか身につかず、先生の話も聞いてるんだか聞いていないんだか、ノートはきちんと書いているときと全く書いていないときのムラがすごい。。。という事態に。

 

やっぱり最初が肝心ですよね。私の辞書に、ノートを書かないという意識がまったくなかったため、まさか自分の子供がノートを書いていないとは衝撃でした。。。。

 

トイレに関しては、幼稚園のときは先生が時間を見て、トイレタイムなどを促してくれていましたが、小学生になると、トイレは自分のタイミングで行きます。休み時間にトイレに行くように教えるのと、授業中にどうしてもトイレに行きたくなってしまったときは、手を挙げて先生に言うようにと教えました。

 

娘の場合はハキハキタイプなので心配はなかったんですが、息子はもじもじタイプ。。。大丈夫かな。。。

 

幼稚園と小学校ここが違う

幼稚園は私が働いているという理由もあり、保育園と併設されている「認定こども園」を選びました。

  • 週5給食あり
  • 役員なし
  • 参観日は土曜日
  • 共働きが多いのでクラスの半分は預かり保育

 

働いているママには週5給食はありがたい。さらに夏休みや冬休みも給食を選ぶことができるのはかなり助かりました。

子供たち2人とも幼稚園の時は、スケジュールなどが立てやすく、割と快適でしたが、上の子が小学生になると、すべてがバラバラになってキャパオーバー。w

 

幼稚園時代は働くママに優しい幼稚園を選べましたが、小学校はそうはいかない。小学校に入学して幼稚園のときと違うなって部分をご紹介します*

 

家庭で用意するものが増えた

図工や生活の授業で使うということで、各家庭で用意する場面が増えました。

  • 包装紙
  • 段ボール
  • 空き箱
  • フェルト
  • ビン
  • 紙皿
  • 毛糸
  • 磁石

 

などなど。家にあるものもあるとは思いますが、空き瓶などは100均で買うほうがラク(洗ったり、ラベル剥がす手間)なんですが、働いていると買いに行く時間が。。。。ない。

 

なので、ビンや包装紙なんかは、捨てたい気持ちを押さえつけて、家に置いておくといいかもしれません。すごい捨てたいけどね。。。

 

平日に授業参観や懇談がある

幼稚園のときは参観日は土曜日で、いも掘りなどの行事も土日に行われていました。

個人懇談は平日でしたが、仕事が終わった後の夕方からの時間設定ができたのでワーママにはありがたかったんです。

 

小学生になると、参観日は平日が多いです。そして参観日の頻度が多い!年に7回?8回?フリー参観日とかいう好きな時間に見てまわれる参観日も入れるともっと多い!

参観日の時間はだいたい5時間目なので13:30くらいですかね。午後から時間休をとるパターンが多いです。

 

個人懇談の時期は授業が午前授業になって、面談は13:00~15:00くらいに行われることが多かったです。これまた時間休。。。

 

さらに最近は災害などが多いので、緊急避難訓練といって保護者が学校まで迎えにいく訓練などもあるので、また時間休。

 

長期の休みはお弁当

幼稚園のときは、別途有料でしたが、長期の休み中も給食をお願いすることができました。

小学校の場合、うちは学童保育に入れているんですが、基本お弁当です。8月の2週間くらい週に3回ほど学童でお弁当を頼める期間もあったんですが、曜日がバラバラなのと、おかずしか出ないのでご飯は持たせないといけないので、頼みませんでした。

 

長期休み以外にも、

  • 土曜日に参観日がある場合は月曜日が代休でお弁当
  • 先生の研修で学校が休みの場合は学童にいくのでお弁当
  • 入学したては慣らすために2週間くらい午前授業でお弁当

 

特に入学したての時期は、初日は2時間授業で帰ってくるので驚きました。そして、帰りは集団下校で家に帰る練習があるので保護者は通学路でお迎えするというミッションがあったのですが、普通に仕事なので即学童へ。w

子供に学童に行くんだよと教えたんですが、間違って帰る列に並んでしまっていたようなので、先生への連絡帳に学童に行きます。と書いておいた方が安心です。

 

宿題や課題を見てあげるのが大変

小学生になると宿題やら課題などが出ます。

うちの小学校では毎日、

  • 国語算数のプリント1枚ずつ
  • 音読カード
  • 家庭学習

 

これをやるんですが、ワーママにとって大変なのが〇つけや音読カードの確認作業。

地味にすんごーーーーくめんどう。音読カードは最初のころは感想を書いてましたが、特に書くこともなくなってくるので、最終的には「OK」って書いて終わりです。w

 

宿題も夏休みや冬休みの宿題は答えがついてくるんですが、普段の宿題は答えがないので、いちいち計算しなければならない。

3桁のひっ算とかもう電卓使うよね。時短のために電卓使ってるけど、子供に見られたらママできないの?って思われたらイヤなので、こっそり使う。www

そしてたまに、100-30とかあって、流れで電卓使うけど、途中で、いやこれ暗算でいけたやつ。って自分につっこむ。←

 

おわりに

小学校に入学する前にやっておくといいよってことをご紹介しました。

入学準備っていうと、どうしてもランドセルや学習机、筆箱にお道具セットに名前つけてー。と持ち物などに目が行きがちですが、実際は、子供の心の準備といいますか、小学校ってこんなところなんだよ。っていうことを入学前にお話しするのが大事だなって思います。

 

入学してしまうと、生活環境がガラッと変わってしまいますし、子供も緊張して学校に行っているので、子供とゆっくり向き合うのって大変だと思います。そもそもママも自分のことで精いっぱいになりがちです。#4月めっちゃ忙しいよね

 

働いていると子供との時間がなかなか取れないんですが、入学後にやろうとすると、それどころではなかったです。私のキャパが狭すぎるっていうのもありますが。w

今のうちに小学校に向けての心の準備を始めることを全力でおすすめします*

 

それと、入学前にお名前シールは買っておいたほうがいいかも。

おはじき、クレヨン、三角定規などなど、これで事足りましたよ。

 

 

最後までおつきあいいただきありがとうございました。

《合わせて読みたい》

ニトリのカラボで超簡単にできる。教科書収納ができるランドセルラックの作り方。
こんにちわ。あいかです* 学習机はシンプルなものにしたので、教科書収納は別に用意することになりました。 ☞前回の学習机のおすすめ5選!買うのは今のタイミング!はこちらから ランドセルラックを買おうか、収納棚...
学習机のおすすめ5選!買うタイミングは今だ!長く使えるデザインを選ぼう。
こんにちわ。あいかです* 子供の学習机って種類がたくさんあって選べない。どんなものを選ぶのがいいの?と悩んでいる方も多いはず。 子供が小学生になるタイミングで学習机を買う方も多いですよね。 我が家も、旦那さんの両親...

 

ブログランキング参加中です♪
応援ポチお願いしますっっ!

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク
子供部屋家事
あいかをフォローする
aika home 散らからない家づくり記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました