リビング階段は寒いの?実際に住んでみたら○○でした。寒さ対策をご紹介♪

インテリア

こんにちわ。あいかです*

家を建てるときに階段の位置って悩む方多いのではないでしょうか?

 

階段の位置や取り方は間取りを考える上ではかなり重要になってきます。どこに階段をもってくるかによって、2階の間取りにも影響が出てきます。

 

わが家はリビング階段を採用しました*

でもリビング階段って寒いのかな?と疑問に思ってる方も多いのではないでしょうか?

わが家は北海道の雪国ですので、真冬はとても寒いです。その極寒の地でのリビング階段についての寒さ対策とリビング階段のメリットデメリットをご紹介していきます。

階段の位置で迷っている方、リビング階段にしたけど寒いよって方はぜひ参考にしてみてくださいね*

 

スポンサーリンク

リビング階段とは

リビング階段とは、リビングの中にある階段で、2階に上がるにはリビングやダイニングを通らなければならない階段のことです。

リビング階段以外には、玄関からリビングを通らずに2階にいくことができる階段もあります。

 

リビング階段のいいところ

まずはリビング階段のいいところです*

わが家は、このメリットに魅力を感じて採用しました。

子供が帰ってきたとき(出かけるときも)に顔を合わせることができる

子供が帰宅してから、子供部屋に入っていくまでの間、リビングを通過しなければならない間取りになるので子供の様子を観察することができます。

思春期などで、子供との会話が減っていても、毎日顔を合わせることになるので、子供の様子を見守れるのではないかと思いました。

 

今は小学生ですが、子供が2階で遊んでいる様子も、リビング階段だと、物音などが聞こえるので、あ。喧嘩してる。。。などわかりますw

 

階段下をリビング収納に使うことができる

階段下に収納が作れるので、リビング階段でしたらリビング収納にすることができます*

まぁ玄関に階段でしたら玄関収納にできるんですけどね。

わが家はもともとオープン階段にする予定でした。しかし予算の関係と、寒いのでは。。。という2点で、普通の階段になったことにより、階段収納ができました*

 

オープンにしたかったな。全館床暖完備ならできたかな。。。さらに予算オーバーやー。。。

 

家事導線が2階に行きやすくて便利

リビングやダイニングから、ドアなどがなくそのまま2階に行けるので、地味に家事楽なんです。

わが家の間取りだと、洗濯機が奥にあるので、もし玄関近くに階段があった場合は、洗濯物をもったままドアをあけて2階に上がるのは大変だったかなと思います。

 

玄関のそばに階段を作るなら、玄関から洗面所へ行ける間取りだと便利ですよね。階段の位置によって間取りは工夫が必要!

 

リビング階段のちょっと困るところ

リビング階段はいいことばかりではないんです。ちょっと困ることもあります。

その対策も考えましたので、ご紹介します*

 

暖かい空気が2階に逃げる

リビング階段の最大の困ったポイント。特に我が家は北海道に住んでいるので、寒さに関してはすごく気になりました。

 

実際に住んでみないと、どのくらい寒いのかがわからないですよね。

いろいろなブログを読んで調べましたが、寒冷地の情報って意外とあんまりないんですよね*

さらに実際に家を建てた友達に話を聞いたり、遊びにいったりしましたが、みなさん床暖完備!

 

みんなリッチだな。わが家は床暖つけれなかったので、これまた参考にできず。。。しくしく。

 

どうして寒くなってしまうかというと。。。

1階で温めた空気が2階に昇ってしまうので、せっかく1階を暖めても2階に流れていってしまうんです。

 

そして実際に住んでみての感想ですが。。。

思ったより寒いね。最新の家なら、そこまで寒くないかな?と淡い期待を抱いていましたが、暖かい空気が2階にいってしまうのはやっぱり止められないですよね。反対に夏は、1階が涼しくて、2階は灼熱地獄って感じです*

 

暖かい空気が2階に上がってしまう対策は後ほど紹介します*

 

子供が友達を連れてきたときに毎回顔を合わせることになる

休みの日にリビングでテレビを見ながらゴローリ。。。

基本的に家の中では部屋着で楽ちんスタイルのわたし。

 

リビング階段だと、そんな恰好でくつろいでいると見られますよね。さらにリビングも見られるから片づけないとぉぉぉぉぉ。

 

共働きだから、そんなに家に遊びにくることはないかなと思っていたけど、もしかしてリビング階段って、ずぼらには向いていなかった。。。?

 

リビング階段のデメリットを解決しよう

まず解決したいのは、2階に暖かい空気がいってしまうこと。家を建てる前なら対策はばっちりできますし、我が家のようにもう建て終わった方にも、解決する方法はありますよ。

 

扉をつける

建築時に扉をつけると1階のあたたかい空気が2階に行くことはなさそうですね。

小さい子供がいる場合は、階段を登られる心配もなくなって一石二鳥なのでは。。。?

 

そしてニオイや音も防げるので一石四鳥?。。。w

少しコストがかかりそうですが、一石四鳥ならつけたかったなぁ*

 

カーテンやロールスクリーンを付ける

こちらだと後から付けることができます。こちらは既に家を建てた後のかたも、賃貸で階段がある方も手軽につけられるのでおすすめです*

 

住んでみてから考えたいと思ってる方は階段の天井部分に下地だけ入れておくのもおすすめですよ。

 

わが家のリビング階段の対策

わが家の場合は、まぁ、新築だし、言ってもそんなに寒くないでしょーと全然よく考えてなかったんですよね。

実際に住んでみると、思ったより寒い。特に我が家の間取りは1階が全部つながっている間取りなので、より寒く感じました。LDK一体型で隣の洋室も壁がない間取り。

 

わが家はパネルヒーターを採用したのですが、家全体が暖まるのに時間がかかるので、エアコンの暖房機能も合わせて使用してますが。。。

寒いので冬の間だけカーテンをつけることにしました*

 

 

正面から見るとこのような感じです。

階段なので、普通のカーテンだと長さが足りなくなるので、長めのものを買いました。

 

カーテンは、ホームセンターで買った突っ張り棒でつけています。

これなら、下地が入ってなくても簡単につけることができますよ。

 

ちょうど階段の上にくぼみがあったので、そこにひっかけるようにしました。

 

黒のカーテンを選びましたが、透け感があるので、そこまで圧迫感も出ずにつけれました。階段のライトをつけるとわかりやすいです。

 

階段側から見ると、こんな感じです。

 

階段の構造上、上の部分にかなり隙間があいてしまうんですが、それでもカーテンをつけると、暖かさが全然違います。

 

洗濯物を2階にもって行くときなどはカーテンが邪魔なので、こんな感じで手すりに挟めてまいます*

 

カーテンはIKEAの長さが250cmのものを使用しています。

階段なので、窓用のカーテンだと少し短くなる可能性があるので、必ず長さは確認してくださいね。

 

このカーテン可愛いな。完全にわたしの趣味。。。

 

 

わが家のカーテンに似ているやーつ。

 

 

おわりに

実際に住んでみるとやっぱりリビング階段は寒いです。わが家が北海道だからっていうのもあるのでしょうが。

カーテンなら突っ張り棒で簡単に付けることができるので、試してみましたが、カーテンがあるのとないのでは、温かさが全然違います。

カーテンを抜けて2階に行くと、すんごい寒いです。

もっと厚みのあるカーテンだとさらに効果抜群だと思います。

 

寒さ対策で取り付けましたが、冬の間だけのカーテンは、インテリアの気分転換にもなっていますよ。

リビング階段で寒いなぁと感じているなら、好きな色や柄でインテリアとしても楽しめるカーテンおすすめですよ。

 

突っ張り棒で簡単に設置できるので下地を入れていなくても設置ができるますし、外すのも簡単なのがポイントですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました