使いにくい押入れ収納のコツ!デッドスペースをなくして使いやすくする方法を紹介♪

収納

こんにちわ。あいかです*

 

家に押入れってありますか?

我が家は布団を収納するために押入れをつけました。布団が入ればいいかと思って、押入れ自体は特に工夫せずにつけてしまったんです。

でも実際に使ってみると、使いづらい!と思うことが多かったんです。

そんな押入れ、工夫次第でとっても使いやすくなることがわかりました。家を建てる前に知っていればよかったなーって本当に思いました。

これから家づくりする方や、現在進行形で押入れが使いづらい!と思っている方に使いやすくなるポイントをご紹介します!

 

スポンサーリンク

押入れの収納4つのポイント

一般的な押入れのサイズは

  • 間口:170~180cm
  • 高さ:(上段)90cm
  • 高さ:(下段)75cm
  • 奥行き:80cm

多少のずれはありますが、一般的な押入れの大きさはこのくらいです。

 

①押入れに収納するものを考えて奥行きを決めよう

押入れに収納するものの代表は布団ですよね。

我が家も布団を収納するために、押入れを作りました。

もともと押入れって布団を収納するためにあるのかなー。と思っていたので、押入れをつける!ってことは決めていましたが、細かくサイズの希望は伝えなかったんです。

そのため、よくある標準の押入れが完成しました。

実際に布団を収納してみると。。。

 

布団は問題なく入るけれど、無駄なスペースが多すぎる!

 

そうなんです!

布団って収納するときに三つ折りにしますよね?

そうすると、布団の奥行きが65cmくらいなんですよ!

押入れの奥行きは一般的には80cmほど。

我が家の押入れの奥行きは89cmもありました!!!

24cmも無駄なスペースができてしまった!

押入れの奥行きを決められるのならば、奥行きは65cm、70cmがおすすめです。24cm分、部屋を広く使えちゃいます。

 

②横幅は標準で大丈夫?デッドスペースを考える

押入れの横幅が170cmだとすると

布団の横幅は100cm。

70cm余るんです!

ここの部分です。

この上段の高さが90cmあるんですが、奥行きがあるので、収納を工夫しないと使いずらいんです。

イケアのケースに毛布やタオルケットなどを収納しているんですが、布団と、ケースの間に仕切りなどがないので、布団が入っているときはいいんですが、布団を出すと、イケアのケースが倒れてくるんです。

 

そのため、横幅を100cm(布団サイズぴったり)にして、残りの70cm分を工夫すればよかったなと思いました。

 

わが家の場合は、子供の具合が悪いときによく布団を使います。布団の使用頻度が高いので、布団を取り出す時に、横のIKEAのケースが毎回倒れてくるのはかなりのストレスっ!

 

毛布類は一番大きいサイズに収納しています。

 

 

タオルケットなどは少し小さ目のサイズに入れています。

 

 

③デッドスペースを活用しよう

使いにくい収納は本当にストレスになるので、少しでも快適な暮らしのために、デッドスペースをうまく活用できる方法を考えました。

 

中に仕切りをつけて、可動棚をつける

布団収納用の100cmと70cmの間に仕切りをつけて可動棚をつける方法です!

この方法だと、我が家のように、すでに家が建った後の状態でも、低予算でできそうかなーと思いました。

布団の収納枚数にもよりますが、この部分にも棚をつけれると、収納力がアップしますよね。掛け布団、敷布団で分けるなんてのも使い勝手がよさそうー。

 

このベルメゾンのラックは完璧だわ。敷布団と掛布団が分かれているので使いやすそう。

 

 

あまり使用頻度がない場合は、まとめて収納できるものが便利。これはキャスターが付いているので、出し入れもらくらく!

 

 

収納を分ける

こちらは完全に収納を分ける方法です。

完全に分けることで、扉も別につけられるので、使いやすさはよさそうです。

間取りによっては、こんな感じで、横向きに収納をつけることもできますよね。

収納の奥行きを変更できるので、使いやすさアップです。#絵心よ

 

収納をなくす

布団収納のスペースのみ収納をつくり、残りの部分は収納を作らない。っていうのもできます。

和室ですと、床の間にして、おひな様や兜を飾るスペースでよく見かけますよね。

洋室でも、ポスターやインテリアを飾っても素敵になりそう。

作り付けのデスクを作るのもいいかなーと思います。

(これ、やればよかったぁ。)

 

④扉は引き戸に注意

押入れといえば引き戸ですよね。

スペースを取らずに開け閉めができるのはいいのですが、布団の収納時には気をつけることがあります。

間口が170cmだとすると、片方の引き戸を全開にしても85cmしかないんです。

布団の幅は100cm。

そう!引っかかるんです!

布団は柔らかいので、まあなんとか出し入れはできると思いますが、ちょっと使いづらいなーって感じたことないですか?(実家の押入れとかで)

そのため、どんな扉をつけるのかも考えましょう。

 

引き戸は全開にできない

実家の押入れを思い出してみてください。

片方の引き戸ずつしか開けれないんですよね。

そのため開き戸か折れ戸がおすすめです。

我が家は折れ戸です。

 

ロールスクリーンにすると家事楽

ロールスクリーンにすると、上にあげると全開にあくので、物を取り出しやすいですよね。

押入れをクローゼット代わりに使っている方などは、引き戸をはずして、ロールスクリーンに変えると使いやすくなりますよ。

 

 

押入れを使いやすくする方法

建築前に気が付けば、いろいろ対策できますが、我が家のように普通の押入れをつけちゃった場合はどうしたらいいんでしょう。

押入れを少しでも使いやすくする方法を紹介します。

 

ステップ①収納の設計図を描く

押入れは奥行きがあって、さらに引き戸だと、取り出しやすさも考えて収納する必要があります。

 

設計図っていうと難しい!と思う方もいると思いますが、大体でいいんです。ここに何をいれようかな?

とりあえず自分が分かればOKです。

 

私が書いた設計図はこちら。#絵心よ。2回目

サイズがわかるようにしておくと、収納用品を買いやすくなります。

押入れ収納は、収納が難しいからこそ、何を収納するのかをよく考えてから収納用品を買いましょう。

 

ステップ②天袋は軽いものを収納

押入れの一番上の天袋には、軽いものを収納します。

取っ手がついている、軽い収納ケースがおすすめです。

我が家は、不織布の収納ボックスを使っています。

 

わが家のはニトリですが、IKEAにも似たものがありました。

 

 

ステップ③上段はよく使うものを収納

ラックや引き出しケースを利用して収納します。

引き出しは肩くらい(125cm)くらいまでが使いやすい高さなので、上に積み上げすぎるのは注意ですよ。

ハンガーラックを置いて、洋服を収納するのもいいですね。

これは奥行きをうまく利用してますね。←だれ。

 

 

ステップ④下段はキャスター付きに重いものを収納

ストーブや扇風機、加湿器など、重めの季節家電などは下段に収納します。

使用頻度が高いもの(本など)はキャスター付のラックに収納すると使いやすいです。

 

 

サイズをきちんと測りましょう

ホームセンターなどで、「押入れ収納」と書かれている収納用品をよく見かけますが、押入れのサイズは、各家庭で違っていることもあるので、サイズをきちんと測りましょう。

我が家の押入れは奥行き89cmもありました。

(標準は80cmと言われています)

 

  • ドアがどれくらい開くのか
  • ドアと干渉しないか

このあたりも確認すると、買ってから入らなかった、使いにくかった、思ったのと違った!っていうのを回避できます。

 

私がよくやる失敗は、空間把握能力がないので、サイズはぴったりだけど圧迫感があって思ったのと違ったあ。ってよくやります。高さや奥行きを測ってるのに、なかなか3Dで想像できないんですよねえ。

 

おわりに

押入れ収納について紹介しました。

最近は押入れをつけずにクローゼットをつける人も多いですよね。

布団も立てて収納できるケースもありますしね。

 

でも布団をよく使う人は押入れはやっぱり使いやすいんですよね。

三つ折りの布団をそのまま入れられるのはストレスフリーです*

押入れは大容量の収納スペースなので、うまく使えれば、本当に助かります。

デッドスペース。それをなくして、自分にあった収納を見つけてみてくださいね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

《合わせて読みたい》

子供服を1階に簡単収納で家事楽。片付けを楽チンにしてストレスを軽減♪
こんにちわ。あいかです* 子供服ってどこに収納していますか? 子供の年齢によって様々だとおもいますが、子供が小さいうち。特に0歳~5歳くらいの未就学のお子様がいる場合は、1階に子供服を置いておくと便利なんですよ。 ...
洗面所横の収納*掃除グッズを1か所に集めて名もなき家事を削減する
こんにちわ。あいかです* 玄関とトイレの間に収納を作りました。洗面台の横の収納です。 これは本当に作ってよかったと思った収納です。 ここに収納があることによって片付けられない私にとって、いろんないいことがあったんです。 ...

ブログランキング参加中です♪
応援ポチお願いしますっっ!

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク
収納
あいかをフォローする
aika home 散らからない家づくり記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました